FC2ブログ

一か月 -One Month-

早いもので大学生になって、もう一か月が経ってしまった。

時というのは時に残酷で、失った時を求めてもどうしようもないことである。

だから失った時を求めるのではなく、

これから待ち受ける未来に心躍らせていた方がいいと思う。

確かに、大学の課題は多くて、辛く険しいものであるが、それを乗り越えた先には

ゴールデンウィークというものが待っている。(バイトがある人はすいません。)

だが、しかし、そのゴールデンウィークのプランが何もないのだ。

いや正確には実家に帰る予定はあるが、それは僕の計画ではない。

本当は、自分の足で何処かに出かければ一番いいのだろうと思うけれども、

そんな金も有るはずもないし、このままだと、家でだらだらとネットを見続ける毎日になりそうだ。

いかん、いかん。それでは非常に大学生らしからぬ。

なんか新しいものでも探しに、やはり外へ出た方がよさそうだ。

そういうわけで皆さんも、よいゴールデンウィークを!!
スポンサーサイト



2015-05-01 : 大学生活 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

中高訪問の水曜日~一週間で一番きつい木曜日 -From Yesterday of visit to my (junior)highschool To Today which is the hardest day of the week-

大学生になって新しく始めること。
彼女(彼氏)を探す・サークルに没頭する・勉強を頑張る・授業をサボる(私はしていない。)
などなど色々あるとは思う。

然し、やはりバイトという選択肢は多く挙がるのではないだろうか?
大学生になったのだから、自立しなければいけないと思い
バイトを探す大学生は少なくないと思う。

私も「バイトをする」という選択肢は頭にある。
だが、大学生活にも慣れていないうちにやると
ただでさえ軟弱なこの体が、より壊れてしまいかねない。
(注:筆者は中二の時、体育の授業で相手の足を蹴って、自分のクルブシを
   はく離骨折したことが有る
。)
というわけで躊躇っていたわけだが、そこに母校から一本の電話が入った。
「もしもし、てつしび君。中学三年生のチューターをお願いできないかね??」

卒業したとはいえ、中学から6年間も通い続けた母校。
その母校からのお願いとあっては流石に断りがたいし願ってもないチャンスであった。
元来、人に教えるということは自分のさらなる理解にも繋がるからである。
そして二つ返事で承諾した私は昨日、母校を約一か月ぶりに訪問したのである。
(注:厳密には違う。だが文章の作成上、こうせざるを得ない。)

そこで約2時間半のチューター業務。英語はさすがに教えられたが、
数学となると中3レベルでも危ういことが判明。大いに反省する私であった。
ちなみにチューターは私と友人(元クラスメイト)の2人で行った。


そして今日は1週間の内で授業数が最多となる4コマの日。
朝から夕方までという時間帯は高校生とは変わらないが、
一コマ90分という概念を忘れてはいけない。
これを熟さなくては立派な大学生ではないのである。

そんなこんなでキツい木曜日も無事終えることが出来たのだが
なんと今まで何の音沙汰も無かったクラスラインが動き始めたのである。
クラス会をするというのである。
実際、私もこのまま互いに知り合わなくていいのかと思っていたが
何せ私は積極性はあっても行動力が伴わないただ一人の男性である。
クラス会を企画・運営してくださるクラスメイトには只々感謝の意を申し上げるとともに
クラス会にはぜひ出席したいものである。
2015-04-23 : 大学生活 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

友人に振り回される火曜日 -My Friend is Trouble Maker-

本来なら、今日のタイムスケジュールは
午後から講義が二コマあるだけという非常に快適なものなのだが
その穏やかな火曜日は友人によって搔き乱されてしまった。

というのも明日、水曜日までに提出しなければいけない課題があり
その提出方法がワード作成の上メールに添付して送るという、パソコンに慣れていない人には
少し難しいものであったからだ。

無論、彼もその一人だった。そういうわけでわざわざ貴重な2限を割いて
パソコンルームでの課題作成を手伝ってあげたのである。
しかし、彼ときたら口が悪い。教えてあげているのに
「はいはい。すごい、すごい」だの「天才だねっ☆」だのという人をDisgustさせるような
言動を平気でいう物だから仕舞いにはあきれてしまった。
まあ、1時間半ものパソコンとの格闘の末、無事に提出できたのだから善しとしてあげたい。

そのあとも1時間半くらい暇を持て余しそうだったので図書館へ行き宿題にもなっている
英語の薄い本を読んで過ごした。

そして本日最初はパソコンの授業。2限にパソコンルームに行って、また戻ってくるのは
些か滑稽な感じもするが仕方あるまい。
今日からペアになる人が決まったが、なんとお相手は4年生であった。
最初に軽々しく「何組??」なんて聞いたのがとても恥ずかしい。それに申し訳ない。
まあ、無事に終わったから良いものの。

最後のコマは宗教と哲学という堅苦しそうな講義。
私はこういうのが好きだから別段気にも留めないが、しかし連日の
寝不足が祟って少し居眠りしてしまったのは教授に謝りたい気分である。
まあ創世記の出だしを解説してくれたのは非常に為になったのだが。

そんな一日を過ごしたが明日はよりハードである。
なんせ1限から授業だからだ。
そんな授業を組み立てたのはお前だろうと言われたら
反論のしようもないのであるが・・・。
2015-04-21 : 大学生活 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

予定崩壊 -The Breakdown of My Schedule-

大学生が大学で卒業するには授業の単位を取らなくてはいけない
ということは前の記事にも書いたし、皆さんもご存じだとは思うが、
時として希望の授業に出れないという事態が発生することが有る。

例えば、その授業が抽選を行う場合である。
講師が対応したい人数が極端に少ない場合は、どうしても
「定員」を、その授業に設けなくてはならない。
私の大学では、事前にウェブ上で登録して事前に抽選を行う授業が多いが
私が出たかっ授業は第一回目に抽選を行う形態であった。

勘の鋭い方は何を言っているのかお分かりだろう。
そう、要は抽選に外れたのである。
その授業は、最初こそ人が多かったが講師の人が様々な制約を設けたため、
最終的に70人程度になってしまった。
その中で上位学年生と留学生を除いて抽選が行われ
見事54人中45人の当たりを逃したのである。

ある意味、幸運ではないだろうか。
確かに、その授業でしか学べないことはあるだろう。
然し、その時私にはもう一回履修を組みなおしてはどうか
という神の啓示にも似た何かを悟った。

そのおかげで朝の授業を1コマ入れなくなってしまったが
その授業も中々面白そうである。

要は、人生何があるか分からないけども、
必ずしも悪いことばかりではないということだ。

明日は一週間のうちで最もハードな日、即ち
1日4コマを熟さなくてはいけない。
今から少しナーバスだが、明日に備えて今日は早く寝ることにしよう。
2015-04-15 : 大学生活 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

充実した月曜日 -Satisfying Monday-

本来、月曜日というものは
社会人にとって悩ましいものである。

「あー、今日から仕事かよー。」とか「休みてぇ」等と、
決して口には出さないが、表情に滲み出ているのが通勤電車の中で分かる。
確かに全ての社会人が、そんな怠惰感を持っているわけではないだろうが。

然し、私にとっての月曜日は少々、そんな社会を支えてくださっている『大人』の皆さんよりかは
マシな方である。

何せ、2コマしか授業がないのだから。

そして今日は、友人と映画「たまゆら 卒業写真 第1部 -芽-」を
見に行く約束をしていたのだから、さぞかし大学に向かう電車の中で一人北叟笑んでいただろう。

だが、生憎の雨。ただでさえブルーな気持ちになるのに寒いと来たもんだから、
流石のカラダもおっかなびっくりして風邪でもひきそうで怖い。

今日の授業も充実していた。新しい女の子と話す。
6年間男子校、多少塾で女子と話していたとはいえ、やはり同じ大学の女の子となれば
気持ちも少々、態度は大分変わるもので、妙に格好つけていたりするのだが、
結局、傍から見ればダサいままである。

そして新しく話した女の子がアニメ好きと来たもんだから、
6年間男子校、多少塾で女子と関わっていたとはいえ、そんな女の子と話せる、いや
出会えるなんて思いもしなかったのであるが・・・。

次に驚いたのが共通の知っているアニメがあったこと。
まさか、女子が見ているなんて思ってもみなかったアニメだから
(アニメには失礼を承知の上)これまた驚いてしまった。

そして2コマの授業を終え、私は新宿に向かった。
なぜか??
答えは映画だ。冒頭の映画を見るために向かったのだ。
友人、これは高校時代の友人だが、彼と東口で待ち合わせして
新宿ピカデリーに向かった。途中、大学から中野まで、同じクラスの
外国人留学生(スウェーデン人)と帰った旨を話すと
非常に羨んでいたのは、表情に書いてあったことを此処に記しておこう。

そして映画が始まった。やはり名作である。最初から泣きそうになってしまったが
やはり、卒業というものを最近経験した身であるから少し感情移入してしまった
節がある。内容も申し分なく、本当にこの料金でいいの? なんて思った人は
あのシアター内に少なくないはずだ。

もちろん8月29日の「第2部 ー響ー」も見る予定ではある。都合が合えば。

さて、レコメンドされたアニメでも見て一日を終えることとしようか。
2015-04-13 : 大学生活 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

尾崎豊詰め合わせ

by Yutaka Ozaki 01.はじまりさえ歌えない 02.I Love You 03.15の夜 04.十七歳の地図 05.愛の消えた街 06.OH MY LITTLE GIRL 07.傷つけた人々へ 08.僕が僕であるために 09.SCRAP ALLEY 10.ダンスホール 11.卒業 12.存在 13.シェリー 14.路上のルール 15.失くした1/2 16.FORGET-ME-NOT

プロフィール

鉄道屍人

Author:鉄道屍人
Welcome to
my loose blog!!

ようこそ、
当徒然ブログへ!!

鉄道・SIREN・諸々のアニメ好き
(好きなだけです、詳しくないです。
量もそんな見てないですし、
これって面白いですよねとか言われても
多分わかんないと思います。)、

そして4月から晴れて
大学生になりました満18歳の男です。

東京都のとある特別区に
住んでます!(此れ以上言えません
多分第七学(以下自重!
(↑ブログ設立当初から残る
数少ない説明文。)

大学では主に
サブカルを学んでおります。

更新頻度は
徒然的に更新していこうと
思っています。

また、当ブログでは
音楽を流しております。(⁰︻⁰) ☝
ウルサイとお思いの方は
停止ボタンを押して下さい。

ではどうぞ稚拙ではありますが
当ブログをご覧ください。

※尚、中の人はアニメ版「とある
魔術の禁書目録」の主人公である
上条当麻君(※上画像)とは似も
つかない容姿をしていますので
悪しからず。
というよりか
そろそろアイコンを変えるべきなのか??

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

漫画の新聞

世界初!マンガで読むニュース「漫画の新聞」 のブログパーツです。最新のマンガ記事の 見出しとサムネイルが表示されます。

ネスマン王国 ミサイル発射ブログパーツ

ボタンを押すとミサイルが発射され、 ブログパーツが貼られている他のブログの上空を飛び越えて、 ネスマン王国を攻撃しにいくブログパーツです。 ミサイルの発射数や、ネスマン王国を破壊した賠償金額を競い合います。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

訪問者数

JANKEN X

JANKEN X
WIN LOSE DRAW

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プラネタリウム

ブログ崩壊

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

電力使用量

RUNNER

障害をクリアしながら駆け抜けろ! 単純なアクションゲームのブログパーツです。